読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★OLDロザリアンからの花通信★

ロザリアンの母から届く花、プリザ、ボトルフラワーの便りを娘の私が紹介しているブログです。

【特注・ボトルフラワー】退職祝いの花束を保存したい!

f:id:happyseeker:20170430222850j:plain

退職祝いの花束を残したい!とのオーダーをいただき、今日やっと出来上がったよ!

と便りが届きました。

とてもカラフル!

絶対市販では手に入らない、特別なボトルフラワーです。素敵★

 

大きさは直径20センチほどだそうです。

結構大きいですよね。

 

退職や異動の多い春は、花束をもらうこともありますよね。

今回は母の妹さんからのオーダー。

2つの花束からお気に入りのお花を本人に選んでもらい、そのお花を使用してアレンジをしたとのことです。

作成期間は乾燥期間を入れて、約1か月です。

 

教え子たちにもらった花束を大切に残しておきたい。。

という願い。

 

ボトルフラワーはそれを可能にします^^ 

 

乾燥後~完成までの流れを簡単にまとめました。

 

 

シリカゲルから取り出した直後の花の様子がこちら。

 f:id:happyseeker:20170425121833j:image

 

 

丸くて大きいのはガーベラ、左上はスイートピーです。

 

この写真は、花をシリカゲルに埋めてから約2週間後の花の状態です。


花の種類にもよりますが、大体1〜2週間で完全に乾燥するようです。

スイートピーのグラデーションがしっかり残っていて綺麗(o^^o)

ヴェールのような質感も、残ってますね。

 

f:id:happyseeker:20170425121913j:image

 

写真では伝わりづらいですが、

乾燥した花はとっても繊細で、シリカゲルの重みで割れたりかけたりしてしまうこともあるので取り出すときに細心の注意が必要とのこと。

 

「バラ」、「ガーベラ」、「スイートピー」どれもボトルフラワーに向いているお花です。

 

ブログを書き始める前にシリカゲルにつけてしまっていたので、元のお花の写真がなく申し訳ないです。。

少しトーンが落ちるものの、ほぼ生花の時の色がそのまま残ります。

 

f:id:happyseeker:20170425214248j:plain

大輪のバラも、この通りまるで生花のように色、形が残ります。

このオレンジのバラは絶対残したい!と一番のお気に入りのお花なので、

ちゃんと乾燥されて出てくるまでドキドキだったそうです。

なんせ、この世にこの花は1つしかないですからね~

 

さらにここから、アレンジをしてボトルに閉じ込めていきます。

完成したアレンジがこちら!!

 

f:id:happyseeker:20170425230428j:plain

 再乾燥中・・・の様子です。

 完全に乾燥させてボトルに入れるため、再乾燥の期間が必要とのこと。

この時は雨だったため、なかなかボトルに入れることが出来なかったそうです。

ここはガマンガマン。。

 

f:id:happyseeker:20170425231104j:plain

 

ここで、今回使用した花を紹介します。

 

今回使用した花

 

●バラ(中央、左右の大きな花)

●ガーベラ(手前下のピンクの花)

アルストロメリア(中央の紫色の花。ユリ科の花です。)

フリージア(薄い黄色の花)

アジサイ(青い小さな花)

●カスミソウ(白いとても小さい花)

スイートピー(フリルのような薄いピンクの花)

 

f:id:happyseeker:20170426214959j:plain

 

カスミソウの茎は針金のようになっているので、ほかの花をつついて割らないようにするのがとても大変とのこと。

f:id:happyseeker:20170426215129j:plain

逆方向からのアングルも送ってくれました。

ものすごくきれいなグラデーションの花はガーベラです。

素敵ですね(*´ω`*)

 

そして、ようやく再乾燥が終わったのでよく磨いたボトルをかぶせると・・・

f:id:happyseeker:20170430224636j:plain

ようやく完成です!

ボトルドームに入るとまたグッと雰囲気がよくなりますね!

 

唯一無二の、世界にたった一つだけのボトルフラワーです。

母よ。喜んでもらえるといいね(^^♪